堀信之 | 東京・駅前ボイトレのボーカルスクール・ボイストレーニングのリズムセブンアカデミー

  • facebook
  • LINE
  • twitter
  • youtube
  • 03-5719-7110
  • 広告・取材のお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ

講師紹介

堀信之アーティスト / ボイストレーナー

あなたの夢の実現をお手伝いする
リズムセブンアカデミーの講師陣をご紹介致します

ボイストレーナー 堀 信之

亀渕友香氏、佐藤涼子氏にヴォイストレーニング、女屋哲郎氏に声楽を師事。ニューヨークのヴァイ・ヒキゼン氏(ミュージカル”Mama ! want to sing”原作者)のスタジオと、ニューオリンズの音楽大学でゴスペルレッスンを受講。

ヴォーカルとして国内外で活動、ミュージカル出演をきっかけに、 亀渕友香氏が主宰するゴスペルコーラスグループThe Voices of Japan に加入、 コンサート、イベント、メディア出演、レコーディング等の他、作詞作曲、アレンジ、 コンサートの構成、演出を担当。
VOJAでの活動終了後、音楽活動を続け、 ヴォーカル、ヴォイストレーナーとして活動。
これまでに亀渕友香氏、佐藤涼子氏にヴォイストレーニング、女屋哲郎氏に声楽を師事 ニューヨークのヴァイ・ヒギンセン氏(ミュージカル”Mama I want to sing” 原作者)の スタジオと、ニューオーリンズの音楽大学でゴスペルレッスンを受講。
ー主な出演舞台ー

・ミュージカル『ワンス・オン・ディス・アイランド』Key 宮川彬良氏
・亀渕友香&The Voices Of Japan:高平哲郎氏演出の舞台を含む全国でのコンサート
・イベント:東京ドーム(国家斉唱)、横浜アリーナ(Jリーグアウォーズ)他多数。
・TV番組:紅白歌合戦(NHK)、ミュージックフェアー(フジテレビ)、情熱大陸(TBS)他CMなどコーディング多数。

-主なレコーディング作品-

・平井堅『Love Love Love』、石井竜也『朝日に続く道』、アニメ『サクラ大戦サントラ』他多数。
・亀渕友香&The Voices Of Japan『 E-Wah-Oh』『Growing Spirits』(EMI)
『Say G’day』( ユニバーサル)『 Dedication』(ビクター)アレンジ、ディレクター。

レッスンの進め方

トレーニング=鍛える の発想を 
トレーニング=楽な歌い方がいろいろ見つかる

3曲で疲れる歌い方を鍛えたら疲れない? を
コンサートで20曲歌う感覚が身につくと3曲楽に歌える!
にしましょう

レッスンをしていて嬉しい時 ベスト3(順不同)

嬉しい時その1、生徒さんの顔が『えっ!?』となった時、
『こんなに楽に出るんですか!?』という感覚があった時の表情です。

歌が好きでいろいろ見たり聞いたり情報を集めて歌っていて、
なんか疲れる、どっか痛い、そんな経験が多い方が
『こんなに楽に出るんですか!?』『えっ!?』
『おっ!?』『あっ!?』『Wow!?』
をより多く感じると思います


嬉しい時その2、生徒さんが『難しいですね』と言う時、
走るきっかけは、下り坂で徐々にスピードが上がって、など歩きの延長だそうで、
アスリートはそこから楽な方法や、より効果がある方法を身に付けて行きます、
その時、それまでと少し逆に思える方法を試して反動を使ったり、
使っていたカラダの部位をあまり意識しない様にしてカラダの連動が起こると
どこを使っているか分からなくなって『難しいですね』と最初は感じます

歌やセリフも子供の頃から喋りを繰り返した延長でも抑揚や音量が出来ます
使っていた意識していた場所に、反動や連動をプラスしてみましょう、
痛くなったり、疲れる場所があるのは使いすぎているからかもしれないです

※走るよりも楽に速く長い距離を移動する自転車に乗るのは最初は難しくて
説明するのも難しいですよね?カラダが連動しているからです
歌やセリフの発声の楽な感覚も自転車の乗り方に近いと思っています※


嬉しい時その3、
最初は『こんなに楽なはずがない』という気持ちになった生徒さんが
『あのコーチなら楽な歌い方のきっかけを見つけてくれる!』と
だんだんと挑戦したい曲が増えて行く時です、

その先に一緒に舞台に上がってお客様が喜ぶライブができたら
もっと嬉しいですね

完成やゴールはないと思っています
生徒さんから学ぶことが沢山あります
そんなレッスンです

担当エリア

目黒本校